イムカ ティムカのパリ

パリ在住日本人ジュエリーデザイナーのブログ

イムカティムカ 会社・店舗経営について考える

皆さま、こんにちは。

 

パリは寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

昨日はお店の一周年のお祝いにちょこっとしたソワレをしました。

貴重なお時間を割きお越し下さいました皆さま、ありがとうございました。

 

素敵なお花もありがとうございました。

f:id:imuka-timukat-paris:20171021225540j:plain

真っ赤な百合ですよね?

初めて見たのですが綺麗ですね(こっそりブレスを一緒に撮ってみたり。)

 

f:id:imuka-timukat-paris:20171021225503j:plain

こちらも可愛いお花、なんですが写真でみると血まみれの脳みそみたい。

(こちらはピアスを添えて)

 

来年も二周年をお祝いできるように頑張ります。

 

 あっという間に1年経ちました。

 

最初はお客様がいてなくてもまだオープンしたばっかりやしー、

とか思ってたんですけど、さすがに数ヶ月経った時にハッって気づきましたよね。

やだっ、私店舗の経営なんてした事なかった!ズブの素人じゃない!って。

 

私、最近経営を勉強しとけばよかったって思うんですよね。

大学は外国語大学のフランス語専攻だったので、フランス語しか勉強しませんでした。

パリではファッションデザインの専門学校なのでファッションデザインを。

現在、ブランドを立ち上げて会社、店舗を経営してるわけですが、

自分で言うのも何やけど、経営っていう大切な部分が抜けてますよね。

 

その辺がわかれば(フランスでの)会社経営とか、

もっと皆さんのお役に立てそうなブログが書けそうですが、

私は常に迷走中で、五里霧中。

でももう最近は一寸先は闇。

私が皆さんにアドバイスを頂きたいです。

よろしくお願いいたします。

 

と言う事で、今日のフランス語レッスンは「アドバイス

フランス語でアドバイスは conseil(コンセイユ 男性名詞)

 

アドバイスを頂けますか?

Pourriez-vous me donner quelques conseils, s'il vous plaÎt?

(プrイエ ヴ ム ドネー ケルク コンセイユ、スィル ヴ プレ?)

こちらは丁寧に言ってるので職場で上司にも使えます。

 

フランス語にはあなたと言う主語が2つあります。

tu(テュ)とvous(ヴ)

tuは仲のいい友達同士などで使い、vousは知らない人や目上の人など、

もしくは二人称複数(あなたたち)の時に使います。

ですので基本的にvousで話すと丁寧に話せます。

 

例えば、上のフレーズを友達に言うのであれば

Tu peux me donner quelques conseils, s'il te plaÎt?

(プー テュ ム ドネー ケルク コンセイユ、スィル トゥ プレ?)

こちらは主語がtuなので友達、または職場などでも同僚など仲の良い人に使います。

 

もしくは友達の場合、もっとシンプルに

どう思う?

Qu'est-ce que tu en pense?

(ケ ス ク テュ アン パンス?)

でも良いと思います。

 

皆さんがよくご存知のシルブブレ s'il vous plaÎt は

vousなので距離のある人に使い、

仲の良い人に使うのであればs'il te plaÎtを使います。

 

何か今日のレッスンはまだ割と使える方ではないでしょうか?

私の頭も良くなった気がしました。

多分気のせいでしょうけど。

 

それよりも、会社・店舗経営について考えるとか頭良さそうな事言っといて、

結局何も考えてい自分に吃驚。

 

本日もお読み頂きありがとうございました。