イムカ ティムカのパリ

パリ在住日本人ジュエリーデザイナーのブログ

フランスの納期

皆さま、こんにちは。

 

また新たな1週間が始まりました。

昨日は日曜日なのでお家に引きこもってました。

特にドラマティックな事もやはり起こらなかったのでブログはお休みしました。

だからって今日が特別な1日だった訳でもないのだけれども。

 

なのでブログ始めて10日でネタ切れなので、今日は少し仕事のお話を。

 

先週の金曜日にイタリアのサプライヤーにメールで素材の発注をしました。

とりあえずその日に「また在庫を確認次第連絡します」と言うお返事を頂き、

今日早速スワロフスキーのクリスタルパール以外は出荷準備ができていると連絡が来ました。

別に普通の事なんですが、これがフランスだとこうはいかないのです。

 

まずフランスのサプライヤーの場合、発注してから納期が5週間です。

同じヨーロッパでもイタリアやドイツの場合は、通常1〜2週間程。

なので、フランスにいてるのに何故かフランスで仕入れる方が時間がかかります。

そして大体納期が遅れると言う事実。

まー、納期が遅れても発注したものが届けば良いのですが、

私は過去に3ヶ月待たされた挙句違うものが届いたというのが1回と、

本当に届かなかった事が2回あります。

3ヶ月待たされた時点で、私の納期はもうギリギリっていうか、いつ商品作るの?

ってカンジなんですけど。

(受注生産しているので、オーダーから大体納期を3〜4ヶ月頂いてます)

もうその場合は、取引先に説明して納期を伸ばしてもらうしかないんですが、

さらに発注した素材が届かなかった場合は、代わりになるものを探して、

ご理解頂いてちょっとモデルチェンジして納品、と言う事になります。

 

何か、もうこういうのがイヤなの!

私のせいでもないのにって思ってしまうけど、先方には関係のない話だし。

 

なので、フランスでは発注しても実際に物を受け取るまでは安心できません。

日本とは違った意味でストレスフル。

毎回素材発注した後届くまでドキドキしてます。

 

そうそう、後「納期がわからない」とか言われる事も。

何故納期がわからないのか不明ですが、

その場合は嫌がらせのように何度も納期がわかったか問い合わせます。

納期がわかるまでに1ヶ月かかったり。。。

責任者でてこーい(# ゚Д゚)つ〃 ゴルァ ゴルァ ゴルァ

 

何か書いてたらヒートアップして愚痴になってしまいました。

申し訳ございません。

でも、お陰様で私はちょっとスッキリ。

生きているとうんざりする事も多々ございますので。

  

さて、今日のフランス語レッスンは、「うんざりする」

J'en ai marre. (ジャン ネ マーr)

J'en ai assez. (ジャン ネ アッセ)

どちらも同じですが、J'en ai marreの方が若干砕けた表現なので、ちゃんとする時はJ'en ai assezをお使い下さい。

 

ちなみに「〜にうんざりする」という場合は、前置詞のdeを付けます。

 

貴方にうんざりよ。

J'en ai marre de toi. (ジャン ネ マーr ドゥ トワ)

  

今日は何だか強制的に愚痴を聞いて頂きましてありがとうございました。

では皆さま、御機嫌よう(o´・ω・`o)ノシ