イムカ ティムカのパリ

パリ在住日本人ジュエリーデザイナーのブログ

満員電車で。

皆さま、こんばんは。

 

危うくブログの事を忘れかけていました。

顔洗って寝る所やった。

 

今日からSS2018の生産を始めたので、コスチュームジュエリーを作る手順とか仕事の事を書こうかなーって思ってたんですけど、他に何かあったかなーって考えてたら昔ビックリした事思い出しました。

 

大学に通ってた時の事なのでもうふた昔程前の話なのですが、私は大阪の実家から京都の大学まで電車で通ってました。

なので、結構遠かったんですよ。

座れなかったら結構長い時間立ちっぱなしなのでなかなかしんどかったのを覚えています。

今考えると通勤してる人は、行きならこれから一日仕事、帰りなら一日中仕事した後で立ちっぱなしはなかなかハードですね。

気楽な学生でも疲れるもん。

そして、電車には遠くの私立の学校に通う小学生もいてました。

小さな体でランドセル背負って、小学生も大変だったと思います。

 

そう、あれは一日が終わり家路に向かい電車に揺られていた時。

相変わらず満員電車で座る事が出来ず、私はつり革を持って立っていました。

ある駅で電車が停車して、運良く私の前に座っていた人がその駅で降りたのです。

私はやっと座れると思い腰を下ろそうとしたら、小学生の男の子が走ってこちら側のドアの方に向かって来たので、今座るとその子の下車の邪魔になると思い、その子が降りてから腰を下ろそうとその子が通りすぎるのを待つことにしました。

はー、やっと座れるわーって思ってたら(°ω°)!

何とその子がそこにポンッと座りました。

てっきり、その男の子がドアが閉まる前に急いで電車から降りようとしていると思い込んでいた私は心の中で、

 

「いや、座るんかーいっ!」って思ってたら(°ω°)!

 

 

 

声に出てたっ!

 

もちろんその小学生も周りの人もビックリしたとは思うけど、心の声が漏れてもた本人が一番自分に吃驚したわ。

 

満員電車なので、逃げ場もなく隠れる事もできず。

めっちゃ恥ずかしかったけど自分の降りる駅までその場から動けず。

私、赤面。

 

本当に心の声が漏れる事もあるようです。

皆さまもお気を付け下さい。

 

 

ということで、今日のフランス語レッスンは「恥ずかしい」

 

私、恥ずかしい!

J’ai honte! (ジェ オントゥ)

 

穴があったら入りたい時にお使い下さい。

 

くだらない話にお付き合い頂きましてありがとうございました(*-ω-)*_ _)ペコリ