イムカ ティムカのパリ

パリ在住日本人ジュエリーデザイナーのブログ

フランスのイミグレーション

皆さま、こんばんは。

 

最近、寒くなってきたしお天気も微妙だしあんまりパリの街に人がいてない気がします。

平たく言うと、お店がヒマ。

私はお店で仕事しているので(アクセサリーを作っているので)、生産で忙しい時にお店がヒマなのは、良くないですが、まだ何かいいんですけど、今日みたいにたいしてやる事がない時には私困ってしまいます。

生活にも困ってしまいます╮(๑•́ ₃•̀)╭

 

困ると言えば、また思い出した!

もう何年も前の話ですが、日本からパリに戻って来たときにシャルルドゴール空港でのお話。

 

私はお化粧がフル装備で、特にアイメイクが比較的濃いめです。

なのでスッピンだと若干顔が違うのは当然の事です。

私は普段、スッピンで外に出ることはないので何の問題もないし、もちろん飛行機に乗る時もお化粧しています。

ただ、やっぱり飛行機に搭乗してからはお化粧を落とします。

というのも、私の肌はハイパーオイリーで飛行機に乗って乾燥すると肌が変な事になるんです。

ベタベタって言うか、もはやヌルヌルなのに肌自体はガサガサザラザラするというとても不快なテクスチャーに。

なので、一旦飛行機に乗るとお化粧は落として保湿して、それでも最初の頃はまた降りる前にお化粧してました。

ただ、さすがにフル装備のお化粧はちょっと時間がかかるので飛行機の化粧室を長々と一人で占領するわけにもいきませんし、かと言って座席でお化粧するのも周りの方にご迷惑な気もするので、ある時からもう空港からタクシー乗ればいいか、と思い降りる時はスッピンで。

もちろんパスポートの写真はフルメイクなので、イミグレーションの人も(。´・ω・)ん?って思ったのか、コレ、アナタデスカ?って聞かれたのですが、自信満々にウィって言うと通してくれたのでそれからはそんなカンジでやり過ごしてました。

 

でも、1回だけロンドンで係の兄さんに爆笑されたの思い出したわ。

本当にプハー言うて吹き出しやがったの!

(゚Д゚)ハァ?って思ってたら、そのお兄さんが違うねんって言い訳し出したけど、明らかに私の顔見て笑ってたわ。

 

だから、今回も大丈夫って思って、スッピンのまんま飛行機降りてシャルルドゴール空港のイミグレーションに。

案の定、コレ、アナタデスカ?って聞かれたので、元気よくウィっと答えて進もうと思ったら、サッて腕で通せんぼされて、ちょっと横に寄ってって言われて。

そしたら何処からかお迎えが。

 

フランス人から見たらアジア人の顔やから分かりにくいのかも知れへんけど、もっと想像力はたらかせろやって思いながら、別室に連行されたよ。

 

そこでは数人の係りの人がみんなで私のパスポートと私を見比べて、これは本人やってー、みたいなやりとりしてて、その内の一人に「今まで止められた事ないの?」って聞かれたので、長時間飛行機乗った後で早く家に帰りたかった私は「いいえ、一度も!」って若干声を荒げていってしまいました。

まー、その後はパスポートが本物かどうか確認したらもう行っていいからーって言われてすぐ解放されたんですけど。

 

だからそれからは飛行機乗ってもアイメイクだけは落とさない様にしてます。

過去から学び、人は成長して行くんですね。

 

今日のフランス語レッスンは本文中に出てきたフレーズ 「コレハアナタデスカ(´∠_`)?」

 

これは貴女ですか?

C’est vous?(セ ヴ?)

 

もし、それが貴女ならば、

はい、それは私です。

Oui, c’est moi.(ウィ セ モワ)

 

もし貴女でない場合は、

いいえ、それは私ではありません。

Non, ce n’est pas moi.(ノン ス ネ パ モワ)

 

この様に、もしフランスのイミグレーションで質問されたら是非このフレーズを使ってみて下さい。

 

本日もイムカティムカの微妙なブログ、最後までお読み頂きありがとうございました。