イムカ ティムカのパリ

パリ在住日本人ジュエリーデザイナーのブログ

大阪人の「知らんけど」

皆さま、こんばんは。

 

また1週間が始まりました。

ブルーマンデー終了。

f:id:imuka-timukat-paris:20171107051854j:plain

ブルーマンデーに反してコンコルド広場が綺麗だったので通りすがりにパシャリ。

 

一昨日のブログで書いた通り、眼精疲労がひどかったので土曜日寝る前にロイヒつぼ膏をこめかみに貼って寝てみました。

やっぱり、こんな私でも面の皮は他に比べて薄いのかしら?

貼った後、ちょっとヒリヒリしましたがそのまま寝ました。

 

そして日曜日の朝、目覚めてみると。。。

 

別にすっきりしたわけでもなく大して変わりなかったので、別に眼精疲労には効かへんのかなーって思ってたらこめかみに貼ってたロイヒつぼ膏剥がれてた〜。

ロイヒつぼ膏って結構しっかりくっつくのに、オイリースキンな私の顔面からアブラが出すぎたのか、私の寝相も悪かったのか。

何処に行ったのかと思い、辺りを見回しても見当たらないので布団をめくってみたら、シーツに綺麗にくっついてた。

しかも腰の辺りの位置で。

こめかみからどのようにしてそこまで移動したのかわからないけど。

さすがの私もそこまで寝相悪くないと思うの。

寝てるから知らんけど。

 

そういえば、先日、日本人のお友達と話していた時に、私が何か言った後に今みたいに「知らんけど」って付け足したみたいで、そしたらそのお友達がつい最近テレビで大阪人についての番組を見たらしくて、大阪人はこのように何か言った後「知らんけど」をつけて無責任な発言をする、と。

今まで全然気にしてた事なかったけど、どうやら私も例にもれず「知らんけど」って結構言ってるみたい。

 

私の個人的な見解ですが、多分大阪の人が「知らんけど」って言うのは、「確信が持てるわけではないけどそう思うよ」くらいのカンジで使ってると思います。

 

だから私が、「寝てるから知らんけど」て言ったのも、寝てるから確信は持てないけれど、多分いくら私でもそこまで寝相悪くないと思うの、って事です。

 

例えば、

「あのカフェにイケメンの店員さんいてるらしいよ。知らんけど。」

なら、噂でイケメンが働いてると聞いたけど、実際私は行った事ないから確かではないけれど、ってニュアンスです。

別に知らんのに超テキトーな事言ってるわけではなくて、確信が持てない時とか、多分そうやと思う時とかに使ってます。

 

後は、ホンマににどうでもいい時とか?にも使うんかなぁ???

例えば、

A子「〇〇って△△じゃない?」

B子「そうかもなー。知らんけど。」

その場の雰囲気にもよるけど、多分B子はA子の話してる内容に興味がなくどうでも良いと思ってるけど、一応相槌を打っているカンジ。

 

ですので、大阪の人が語尾に「知らんけど」って言っても、適当に話しているのではなくて、「そうらしいよ」くらいのカンジで聞いといて下さい。

まー、ホンマに適当に話してる時もあるかもしれへんけど。。。

 

では、今日のフランス語レッスンは、大阪人の「知らんけど」

 

フランス語で、本当に知らない時は

Je ne sais pas.(ジュ ヌ セ パ) 

と言います。

 

でも、大阪人の「知らんけど」は「確信が持てないけれど多分そうやと思う」なので

Je ne suis pas sûr(e).(ジュ ヌ スィ パ スューr)

の方がぴったりだと思います。

*sûr=男性 sûre=女性

 

わかりやすいかどうか不明ですが、英語で言うと

I don't knowとI'm not sureの違いです。

 

これで、大阪弁でもフランス語でも「知らんけど」使えますね。

 

本日も最後までお読み下さいましてありがとうございます。

メルシー(*´・∀・)ノ゙ バィバィ~