イムカ ティムカのパリ

パリ在住日本人ジュエリーデザイナーのブログ

フランスのどうにかしてる郵便事情

皆さま、こんばんは。

 

今日もついさっきまで仕事をしていて、ほんのついさっき「あっ、今日のブログはこの話書こう!」って思ってたのに、今書き始めたら何を書こうとしてたか忘れてた(・Д・`)

 

忘れるくらいやからどうでもいい事やったのか、それとも老化か。。。

そもそもこのブログ、どうでもいい事ばかりの様な気もいたしますが。

 

ですので、今日はフランスの郵便事情について。

 

なぜいきなり郵便事情について語りだすかと言うと、先々月、私のブランド IMUKA TIMUKAT PARISの営業をして下さっている方がお修理でピアスを私に送っていたのですが、届かず。(ちょっと宣伝しちゃった)

結局、まだストックがあったので新しいものをまた購入して下さったのですが、何だか、ねぇ、悪いじゃない?

それが、昨日届きました!

消印みたら9月20日。

パリ郊外からパリへ。

電車でも1時間もかからへんのにどうして届くのに1ヶ月半もかかったのでしょう。

しかも一応トラッキングできるサービスで送ってて、ネット上ではもうずいぶん前に配達済みになってました。

 

フランスでは、よく郵便物がなくなると言われてますが、多分本当。

ひょっとしたら今回は、まだ届いただけましなのかも。

私も、以前南フランスの石屋さんから石を送ってもらって、その時もトラッキング付きので送ってくれたんですけど、1週間経っても届かず石屋さんに確認したら配達済みになっていて。

なので、トラッキングナンバーを持って郵便局に聞きに行ったら、

「もう配達済みになってるからわからない」と。

 

(。・д・。)ハイッ?

 

配達されてないからわざわざここにきたんですけどぉ?

だから、それじゃぁトラッキングの意味ないですよね?って聞いたら、

「いや、届いたか届いてないかはわかる」って。

 

(・∇・)ン?

 

だから届いてないんですけど?

 

ちょくちょくあるこういうフランスらしさ。

相変わらずうんざりするわ。

 

結局、石屋さんが保険がついてるからまた郵便局と掛け合うわって言ってくれて、また新たに送ってくれて今度は無事に届いたんですけど、今回もこの石の時も郵便局のLettre Suivieというサービスだったのですが、このサービス、トラッキングナンバーはついてますが受け取りにサインはいらないので、正直ただ普通に手紙送るのと変わらない気がします。

極端な話、郵便屋さんが失くしたり盗ったりしても「配達済み」にすればもうどうしようもないですもんね。

どうしてこんな意味のないサービスがあるのかしら。

 

後、また思い出したわ。

ARIS GELDISで働いている時、私たちが納品のために送った荷物が開けられてる状態で見つかった、と郵便局から電話がかかってきて。

案の定、アクセサリーが数点盗まれていたのでダッシュでまた作って送ったのですが、

荷物持って行った郵便局で速攻盗まれるとか、ある?

もう怖いんですけど、この国。

 

皆さんもフランスに荷物を送る時や、フランスから荷物を送る時はちゃんと追跡できて受け取りにサインが必要なサービスを使って下さい。

 

 

では、今日のフランス語レッスン

 

「アカン」 nul / nulle(ニュル 形容詞) *nul 男性形 / nulle 女性形

 

こちらは結構カジュアルな表現ですのでお友達同士でお使い下さい。

 

フランスの郵便局、全然アカン。

Elle est vraiment nulle, La Poste française.(エ レ ヴrエマン ニュル、ラ ポストゥ フrアンセーズ)

郵便局La Posteは女性名詞なので女性形になります。

vraiment=本当に という意味の副詞

 

アンタ、全然アカンやん。

T'es vraiment nul / nulle.(テ ヴrエマン ニュル)

 

私も皆さんにアカンやんって言われへんように頑張りますね。

 

では、今日もイムカティムカのパリをお読みいただきありがとうございました。

メルシー(*´・∀・)ノ゙ バィバィ~