イムカ ティムカのパリ

パリ在住日本人ジュエリーデザイナーのブログ

フランスで起業してみたものの。。。その4〜ほぼほぼムリ〜

皆さま、こんばんは。

 

今日も前回の、フランスで起業してみたものの。。。その1〜会社の登記〜その2〜フランスの社会保障税高すぎた〜その3フランス人のお洋服代〜 の続きで。

 

2009年2月2日にフランスで起業して、2017年11月現在でで8年と9ヶ月経ち、現時点での感想

 

これは私の個人的な意見ですし、業種もファッションアクセサリーって事もふまえて参考にしていただければ。

 

まー、ほぼほぼムリ。

 

先のブログでも書きましたが、私は去年お店をオープンするまでホールセールをメインにやっていて、フランスで取引したのは今までで数える位。

いつもアクセサリーをオーダーして下さるのは日本をはじめフランス以外の国のバイヤーさんです。

もし私がフランス国内でしか展開してなかったら、とっくの昔に食いっぱぐれてます。

 

そして、お店もフランス人のお客様だけでは確実にやっていけないです。

5月から7月にかけては観光客が多いのでお店の方も何とかやっていけるカンジだったのですが、先月から観光客が減ってるのかこの有様

(๑⃙⃘°̧̧̧ㅿ°̧̧̧๑⃙⃘)

ご来店下さるお客様はフランス人の方が観光客の方よりも勿論多いのですが、ご購入くださる確率も単価も観光客のお客様の方が大きいです。

 

どうやら私はフランスにいてるのにほとんどフランスでお金を稼いでいません。

ちょっと去年の決算書を見てみたら売上の85%が輸出でした。

まぁ、お店も去年の7月中旬にオープンしたので今年はその割合も多少変わるかと思いますが。

 

ちなみに、私の1番の取引先は日本です。

展示会で他のブランドの方とも話してても、フランスのブランドに限らずそういうブランドが多いです。

 

それは、多分日本はお店の絶対数が多いからだと思います。

 

例えば、デパートを例にしてみても、パリにデパートは大きな物だとボンマルシェ、ラファイエット、プランタン、後はBHVとフランク エ フィスくらいしかありませんが、日本だと1つの主要な駅の周りにデパートとか商業施設が5個あるのも珍しくないですよね。

あと、日本には大手セレクトショップがありますが、外国にはそれがありません。

パリで1番有名なセレクトショップ コレットも世界的に有名ですが1店舗だけです。

レクレルールも今は3店舗だけですし。

 

結論:フランスで起業あんまりオススメしない

 

これはもしファッションブランドを始めるなら、って事限定になりますがオススメしないです。

まー、他の業種もあまり景気良くなさそう。

強いて言うなら、まだ飲食は良い方なんかなぁ?

だからって、飲食なら簡単って事ももちろんないでしょうけど。

 

よっぽどの資金があって始めるとか、他に仕事をしながらやる、っていうならいいかもしれませんが、私のように何の後ろ盾もなく自分のブランド1本でやって行く!っていうのは多分無謀。

しかも私が始めた時よりも、今の方が確実に状況は厳しいと思います。

 

あら、何か私、上から目線で喋ってた?

(╯•ω•╰) I'm sorry...

 

まー、ちなみに私に才能と努力が足りないって可能性も多々アリ。

そんな私個人の意見なんで鵜呑みにするのは危険な予感。

参考程度に。

 

まとめると、

+ 起業するのは簡単

- 社会保障税高すぎ

- フランス人お金使わへん

- 観光客減ってる

+ 競争相手少ない

- 潜在顧客少ない

 

うーん、+と-を書き出したけどやっぱり-の方が多い。

やっぱりほぼほぼムリっぽくない?

 

でも、こんな私でも死にかけながらもまだやれてるから、意外とやる気の問題やったりして。

 

今日のフランス語レッスン

 

ほぼほぼムリっぽくない?

C’est presque impossible, non?

セ プrエスク アンポッスィーブル、ノン?

 

本日も最後までお読み下さりありがとう存じます。

私、寝ます。

ボンヌ ニュイZz(´-ω-`*)