イムカ ティムカのパリ

パリ在住日本人ジュエリーデザイナーのブログ

フランス人、大阪人より信号無視し過ぎ

皆さま、こんばんは。

 

今日もヴェリブで通勤してました。

別に別に前々から思ってた事なんですけど、フランスの歩行者について。

 

フランス人、信号無視し過ぎ

 

私は大阪出身で、よく大阪の人は信号無視をすると言われますが、フランス人は大阪人どころではありません。

ちょっと車が途切れたら横断歩道を渡ろうとします。

信号赤やのに。

 

さすがにいくら自転車でも人を引くわけにはいかないので、歩行者優先してそちょっと止まったりするとさらに歩行者が渡ろうとするのでもう道渡れない。

それで信号変わって、今度は歩行者側が青。

そうすると、また信号が変わるまで待つはめに。

 

私も慣れない頃はそんな事の繰り返しでした。

でも、フランス人はチリンチリンって鳴らして結構突っ込んで行くんですよね。

大阪のオバちゃんみたいに。

 

ご存知ない方もいてらっしゃるかもしれませんが、大阪のおばちゃんは自転車でチリンチリンとベルを鳴らしながら「危ないよー!」って言いながら突っ込んできます。

危ないのはどっちだか、誰か教えてあげて!

 

流石に歩行者もチリンチリン鳴らしながら自転車が突っ込んで来たら避けるので、私も見習う事に。

でもあんまりチリンチリン鳴らすのもなーって思ってたら、気づきました。

 

信号無視への対策

 

こっちが止まりそうにない雰囲気出してると、意外とみんな道を渡ろうとしません。

が、そこで歩行者の方見てスピード緩めるともうアウト。

絶対誰か道を渡り始めて、それに付随して渡る人がいてさらにそれに付随してってカンジで連鎖開始。

 

なので、もちろん危ないからちゃんと歩行者も視界の中に入れて気をつけるのですが、そっちを見ずに真正面を見てスピードも若干緩めますが「私、止まるつもりないですから」みたいな空気で行くと、結構みんな信号無視する事なく大人しく待ってるんです。

 

それでもやっぱり信号無視する人はいてますけど、(|||´Д`)=3ハァみたいな顔して進んでったら意外とイケる。

それ以上渡る人もあまりでて来ません。

 

一体何故信号無視をするの?

 

本当に不思議なんですが、なんであんなに皆んな信号無視をするのでしょう?

仕事のアポに遅刻しそう!みたいな焦ったカンジで急いでて信号無視したって雰囲気でもないし。

 

まぁ、これも昨日のオバちゃんとファッションに引き続きフランス人の七不思議って事で。

 

 

ちょっと、この話とは全く関係ないんですが赤信号で思い出した事が。

昔、パリにいてた日本人のお友達が、もともと天然の子なんですけど横断歩道を渡る時に車は来てなかったけど信号が赤だったのに渡ろうとするから、「信号赤やで」って言ったら、「あ、ホントだ!赤だから手を挙げて渡らなきゃ」って。

 

もう、天然の人って怖ろしいんですけど。

 

今日のフランス語レッスン

 

信号無視をする

 

信号、はフランス語で feu(フ 男性名詞)

ちなみに発音カタカナ表記してますけど参考程度にしておいてください。

多分、このままカタカナでフと発音しても通じないです。

ネットで発音の音声探して聞いてみて下さい。

 

feuとは信号と言う意味もありますが、火という意味もあるのでその辺は文脈で。

 

無視をする、という動詞は ignorer(イニョrエ)

 

フランス人は信号を無視します。

Les français ignorent le feu.

(レ フrアンセ イニョr ル フ)

 

本日も最後までお読み下さりありがとう存じます。

おやすみなさい。

ボンヌ ニュイ|´ω`)ノ゙)) オヤスミ~♪