イムカ ティムカのパリ

パリ在住日本人ジュエリーデザイナーのブログ

メンズの香り

紳士・淑女の皆さま、こんにちは。

 

イムカです。

 

日本から帰ってきて、家の中で何故かメンズの香水みたいな匂いがするの。

家はフランスでは良くありがちなお風呂と洗面所、トイレが一緒になってるバスルーム。

なんかバスルームの方に行くとメンズの香りが。。。

 

最初は気のせいかな?って思ってたけど、やっぱり次の日もバスルームの方で香るのよ。

 

私、ひょっとして私が留守の間に誰か侵入した?って思ったけど、荒らされてもないし、

何か盗られてる訳でもないし。

まぁ、盗る物がなかっただけかも知れへんけど。。。

 

でも、絶対誰か忍び込んでるわ。

こんなにも隠しきれない残り香があるんですもの。

 

そしたら次に考えられる可能性は?

えっ?ストーカー?

って思ったけど、こんなメンズの香水の香りを漂わせてるストーカーってひょっとしてイケメン?

って、勝手に私の脳内でストーカーがイケメンに脳内変換されました。

 

ここから物語が始まるのかと心踊らせてたら、私、気づいちゃった。

 

トイレットペーパー。

 

たまたま通りがかったスーパーで買った、いつもと違うトイレットペーパー。

香ってる。

メンズの様に香ってるのよ。

トイレの芳香剤の様な香りならまだわかるけど、

何でトイレットペーパーからメンズの香水の様な香りがするのよ。

紛らわしいわ。

私のトキメキを返して。

そもそもストーカーと始まる恋ってどうなのよ。

 

まぁ、そんなこんなで日本からパリに帰ってきて、2、3日謎に思ってた事が無事解決。

犯人はトイレットペーパー。

やっぱりドラマティックな事は起こりませんでした。

それが私の人生。

 

相変わらずつまらない話で申し訳なく。

なれど、最後までお読みくださった皆さまには幸あれ。

 

今日のフランス語レッスンは、

それが人生! C’est la vie!(セ ラ ヴィ)

 

何か、あんまりついてない事とかがあるとフランス人が言う印象。

人生なんてそんなモン、みたいな。

 

シドニーオリンピックの決勝戦で、日本の選手が相手のフランス人選手の内股を

内股すかしで返したのに、審判がフランスの選手の内股が決まったと判定して、

フランスの選手が金メダル、日本の選手が銀メダルとなった時、

 

あんまりちゃんと覚えてないけど、日本ルールでは確実に内股すかしが決まっていたけど、

国際ルールではそれがちゃんと認識されてなかったとか何かそんな感じやったらしく、

フランスの選手のコメントで、

 

C’est la vie, quoi! (セ ラ ヴィ クワ)

La vie continue.(ラ ヴィ コンティニュー)

 

って言っていたのを覚えています。

 

まぁ、それが人生。

それでも人生は続く。

  

このquoi(クワ)というのもフランス人が良く使う単語で、

特に意味はないけど、〜ってカンジ、みたいな?

 

でも、柔道って元々日本のものなのに、何で日本のオリジナルのルールが

適応されてないのかしらね。

 

皆さまも是非、ついてないと思ったら何かの折にお使いください。 

 

オルヴォワール(´・ω・`)ノシ